里山を再生し蜜源植物の花畑に挑む

日本リノアグリは千葉県市原市に所有する約212haの農地と山林を活用した、新しい多機能農業タウンを創造するために設立された会社です。

市原市は千葉県の中央部に位置し、 海岸エリア首都圏を支える臨海工業地帯を抱え、千葉へのアクセスも電車で10分足らず首都圏へのアクセスもいいことから農地、山林が放置される結果になっています。
私たちはその農地や山林を整備し自然な里山に戻し、農地には花の種をまき、ミツバチたちが生活できる環境を作っています。

農地所有適格法人 株式会社ONE DROP FARMでは有機JAS認証圃場にて有機野菜の生産、販売、様々なイベントを開催しております。また養蜂部門ではハチミツ販売から作物の受粉には欠かせない蜜蜂の販売もおこなっております。

東国吉を拠点として、高倉・高田エリア、奈良エリア、永吉・中野エリアの耕作放棄地を再整備してみつばち達の蜜源確保とゆりの木、桜、ミモザ等樹木の植樹も並行して行っております。