太陽光利用型植物工場「おひさま耕房」をスタートします

 

日本リノ・アグリ株式会社(本社:千葉県千葉市、社長:中村伸雄)は、千葉県市原市において、太陽光利用型植物工場「おひさま耕房」を竣工、稼働開始しました。

多段式循環型水耕栽培を採用した当該工場では、葉物野菜およびハーブ類の周年栽培を行い、首都圏の小売や飲食店を中心とする顧客へ安定供給します。

また、シンガポールを始めとするアジア圏への輸出を積極的に推進します。
なお、当該工場は、千葉県市原市における資源循環型農業を軸とした地域振興の一環です。

地域資源を利活用すると同時に最先端の栽培技術を取り入れることで、「自然と技術の融合」を目指し、同地域での新しい農業を提案します。

※経済産業省「平成27 年度グローバル農商工連携推進事業先端モデル実証事業」採択案件です。

資料ダウンロード

詳しい資料はこちらよりダウンロードできます。
資料ダウンロード

紹介動画